新東京開発が持つ中間処理工場とは

産業廃棄物の処理では、廃材を破砕すると言った方法でできる限り小さくする手法が取られることがあります。新東京開発も、そういった観点から業界の中でも比較的早い段階で中間管理工場を設立しています。その特徴について紹介します。

中間処理施設は必要なのか
産業廃棄物と一口にいってもさまざまな種類の廃棄物があります。通常のオフィスから排出されるようなゴミのほとんどは産業廃棄物として処理されることもあるものです。紙や金属と言った素材はもちろんのこと、大きさや重さも異なるため、単純に可燃ごみか非可燃ごみなのかといった分別だけではなくより高度な処理が求められることもあります。

例えば、プラスチック類です。単純に焼却してしまうと、ダイオキシンが発生してしまうことが社会問題となったことを覚えている方も多いでしょう。適切な処理が求められる素材はプラスチックだけではなく、その種類は数多く存在します。

その上、景観や環境に対する問題もあります。単純に埋め立てただけでは時間の経過とともに、有毒ガスが発生してしまったり、堆積が大きくなってしまい景観を損ねたりする恐れがある廃材は数多いです。新東京開発は、こういったものをいかにうまく処理するかを考えた際に、中間処理施設が欠かせないという結論に至りました。

中間処理施設で行うこと
とはいえ、廃棄物処理に関して特別な知識がなければ、この施設が一体何をやっているのかがイマイチわからないという方もいるでしょう。ここでは、基本的に「できる限り、小さく、軽く」というのが基本の思想です。こうすることで、リサイクル向けに出荷しやすい状態にしたり、埋め立てた後も環境に悪い影響を与えない状況にする工夫の一つとなります。

コンクリートの破砕や、金属類の切断によって、省スペース化ができれば産業廃棄物処理場はよりスペースを有効活用できるようになります。結果的に新たな土地活用をしなくとも問題が解決できるため新東京開発の中間処理施設は活躍しているのです。

普段何気なく利用している製品や消耗品の中には、産業廃棄物として中間処理を求められるようなものも数多くあります。特に、解体現場ではその量は莫大なものとなることも珍しくありません。今後も、産業が活発化すればするほど求められるのがこういった処理施設の存在です。その点に早くから目を付けていた新東京開発は、業者からも信頼の厚い処理工程を持つ会社なのだと言えるでしょう。

新東京開発
http://kaihatsu.mr-shintokyo.co.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、残業代不払いや医療過誤、仮想通貨取引詐欺など、人々の善意に付け込んだ悪質な事件が横行しています…
  2. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  3. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
ページ上部へ戻る