エレソルの詳細

エレソルってどんな会社?

エレソル株式会社は、2015年3月9日、東京都渋谷区に設立された企業です。
エレソル株式会社ではいったいどのような事業を行っているのでしょうか。
企業や店舗を経営する方にとって大きな悩みの種の一つに、電気料金のコストがあります。
中小企業でも年間で1,000万円単位を消費することになるので、その削減はとても大きな意味合いを持ってきます。

基本料金の契約自体を見なおす手もありますが、契約容量を下げることで業務に支障をきたすようであれば本末転倒です。他の手としてLEDの照明器具や電子ブレーカー、デマンドトローラー、さらには地中熱利用システムといったものを導入することで、電力コストを下げることもできますが導入費用や手間がかかります。

実際に、消費する電力を削減しようと思うと大変なことが理解できます。
エレソルはこれらの問題を解決できる事業を展開しています。

電気料金削減を簡易化する商品「エレソル」

コスト削減のためにコストが発生することは意味がありません。
エレソルは導入コストも消費コストも抑えることができる商品です。

商品名が社名になっているように、エレソルの開発は会社の設立当初から行われていました。
開発当初こそ電磁波を弱める材質を作ることが目的でしたが、
開発を進めるにあたり消費電力を抑える効果があることがわかりました。

電力を余分に消費してしまう原因は、電気機器の性質にあります。
その性質は不安定な電磁波を出すことで電気の流れが阻害され、無駄な電力が消費されるというものです。
エレソルには、電磁波を吸収して熱に変換する作用があり、それによって電磁波を安定させることができると言われています。

自身の成長が会社の成長

エレソルは、自分の可能性にチャレンジできる人を迎えいれてくれます。
企業体質としてメーカーである側面と、コンサルタントである側面を持ち合わせています。
今まで誰も気づかなかったこと、できないと諦めていたことを実現するために、努力を惜しまず、ただひたすらに純粋な気持ちであることが求められます。自分の可能性にチャレンジできる人がそれを成し得たとき、それは会社としてまた一歩成長する糧となります。

営業職の一日

1日2〜3件のアポイントメントが入ります。
時間にもよるようですが基本的に、アポイントメント先に直行し商談を行います。
商談後は商談報告を会社に連携し、すべての商談が終わったら最終報告を会社に送ります。
商談がない時間は、ユーザーに電話をかけたり顧客情報の管理をしたり、会社にて各部署との打ち合わせをします。

コールセンターの一日

ユーザーに電話でアポイントメントをとります。
アポイントメントが取れた後は、ユーザー情報を営業部や各部門に連携したり、お客様から届いた書類を確認したり、ユーザーへの資料送付対応など、営業部がアポイントメント先へ行くまでの間のユーザーとのやり取り全般を行っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エレソルってどんな会社?エレソル株式会社は、2015年3月9日、東京都渋谷区に設立された企業です。エ…
  2. 昨今のサービス業界では、できる限り少人数の従業員を雇用する傾向があり、雇用関係はもちろん、従業員の知…
  3. 近年、残業代不払いや医療過誤、仮想通貨取引詐欺など、人々の善意に付け込んだ悪質な事件が横行しています…
ページ上部へ戻る