吉野美穂子にとってmface(エムフェイス)とは

吉野美穂子は大学でネイルサークルmface(エムフェイス)に所属しています。
彼女は高校生の時に、友人に連れて行かれたネイルサロンで初めてネイルと出会います。
それまでは全くネイルというものに興味がなかったし、それよりも好きな小説を読む方が性に合うような、そんな大人しい高校生でした。
ですが、友人にネイルの素晴らしさについて語られ、一度行って見ないかと誘われて興味本位で行くことになります。
初めて行くネイルサロンは、学校の近くにあり、とてもおしゃれで温かい雰囲気があり、サロンスタッフも吉野美穂子を優しく迎えてくれました。友人はすでに常連のようで、サロンスタッフと楽しそうにおしゃべりをしながらネイルをしてもらっており、彼女はとても驚きました。
まるで、友人が大人のように見えたからです。そしてスタッフからネイルのサンプルを色々見せられて、吉野美穂子はさらに驚きます。色とりどりの可愛らしいネイルの数々は、今まで見たことがない世界でした。彼女は迷いますが、一番シンプルなジェルネイルを選び、後はスタッフにおまかせすることにしました。すると、彼女の爪はどんどん愛らしいピンク色に彩られていき、見事なピンクグラデーションのネイルが出来上がりました。
こんな風に自分の爪が美しく生まれ変わるとは思わず、彼女は感動します。
その後は、自分でもネイルができないものかと友人に相談すると、まずは市販のマニキュアで練習するのが良いと教えてもらい、自宅で練習する日々となりました。爪が綺麗になると、なんだか女性らしさが増すようなそんな気分になれ、彼女はネイルにはまっていきました。大学進学後はmface(エムフェイス)というネイルのサークルを見つけ、彼女はすぐに入部することになります。そして、mface(エムフェイス)との出会いが彼女の人生を大きく変えていくことになります。

吉野美穂子は高校生の時に友人に連れて行ってもらったネイルサロンでネイルを施してもらい、大きく感動します。ピンクグラデーションに彩られた自分の美しい爪を見て、なんてネイルって楽しいんだろうと彼女は思いました。
その後は、様々な色のマニキュアを購入し、自分で練習する日々となりました。時には母の爪を使うだけでなく、父親の爪まで使いながら、ネイルの練習をしていきました。吉野美穂子は、このままネイルの専門学校に進学すべきなのか、考えることが多くなりました。こんなに楽しいネイルをもし仕事にすることができたらなんて素敵なんだろうと思ったからです。友人と行ったサロンのスタッフは、とても優しくて明るくて、初めてネイルに挑戦する吉野美穂子の緊張をほぐしてくれ、まるでお姉さんのように接してくれました。そんな彼女を見て、自分もこういうスタッフになれたら素敵だな、そして、人を感動させることのできるネイルができたら素晴らしいなと思うようになりました。
ですが、両親は、専門学校に行くよりも大学進学を望んでいました。彼女は非常に成績優秀であったため、教師ももちろん彼女が大学に進学するものだと思っていたからです。そして何より、彼女は小説を読むことが好きで、英文学を勉強してみたいという思いもありました。
ネイルにするか、大学に進学して自分の好きな勉強をするか、悩みに悩み、最後に彼女が取った選択は大学への進学でした。
このままネイルは自分の趣味でやっていこうと心に決めていた彼女ですが、大学入学後、大きな出会いがありました。それが、mface(エムフェイス)です。mface(エムフェイス)はネイルのサークルで、まさに彼女が望んでいた活動を行っていました。ネイルについて学び、実践し、ネイルを楽しむというモットーの下、mface(エムフェイス)は活動しており、まさに彼女にぴったりのサークルでした。

吉野美穂子はmface(エムフェイス)と出会ったことで、大きく人生が変わっていきます。一時は、ネイルの専門学校に通うことも考えていた彼女ですが、最後は大学進学を決意して諦めることになります。
ネイルは自分で楽しむだけで十分だと思っていた彼女ですが、mface(エムフェイス)と出会うことで自分の可能性をさらに大きく広げていくことになります。mface(エムフェイス)には、20人ほどのメンバーがおり、皆で共に学び合い、互いの爪を使ってネイルを施していく和気あいあいとしたサークルでした。あまり派手なサークルは苦手な吉野美穂子でしたが、このネイルサークルのメンバーは皆とても可愛らしく、真面目で一生懸命で、彼女はあっという間にサークルのメンバーと打ち解けていくことができました。
一人でネイルの練習をするのも楽しいですが、皆で一緒にやる喜びを彼女はかみしめることになります。メンバーからネイルに関するアドバイスを受け、先輩のネイル技術から学び、様々なことを吸収していきました。
もちろん、吉野美穂子は学業にも勤しみ、専攻である英文学も決して手を抜くことはありませんでした。英語の勉強にも力を入れ、いつかは留学も視野に入れて勉学に励んでいます。そんな彼女にとって、ネイルとは、自分を癒してくれる、なくてはならないものになっています。勉強をがんばれるのも、ネイルのおかげだと彼女は信じています。彼女はネイルと、このサークルに出会ったおかげで、さらに可能性を広げていくことができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、残業代不払いや医療過誤、仮想通貨取引詐欺など、人々の善意に付け込んだ悪質な事件が横行しています…
  2. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  3. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
ページ上部へ戻る