クラシック鑑賞とフットサルが趣味の柯 康仙

柯 康仙はクラシック音楽鑑賞とフットサルを趣味とする男性です。ここでは柯 康仙について詳しくご紹介していきます。

まず柯 康仙が聞くクラシック音楽についてです。彼はクラシックであれば全て聴いたというほどクラシック音楽に造詣が深く、CDのコレクションもかなりの数に上ります。稀にSNSなどで自宅のCDコレクションを写真にとってアップするのですが、その写真を見ると壁一面が全てクラシック音楽のCDで埋め尽くされています。クラシックは同じ曲であっても指揮者別、ピアニスト別など様々に分かれており、それをひとつずつ集めているのです。クラシックを聴いたことがない人にとっては、どれも同じに聴こえてしまうのですが、かなり聞き込んでいる柯 康仙は、CDを流して数秒で、誰が弾いている、もしくは誰が指揮している曲かというのをぴたりと言い当てることができます。コレクションはまだまだ増殖中とのことです。最近は一週回ってまたベートーヴェンを聞いているとのことでした。どうやら最近手に入れた新しいCDの作曲家をよく聞くようになるようで、もしかしたら翌日は違う作曲家の曲を聞いているかもしれません。

次にフットサルについてです。柯 康仙は小さいころからサッカーをしていました。高校時代にはかなりいい成績を残しているようです。その後大学まではサッカーを続けていたのですが、社会人になってサッカー仲間との時間を合せることが難しくなり、少人数でできるフットサルをはじめました。最初は微妙なルールの違いや小さいコートに馴染めず苦労したようですが、次第に慣れて、いまではすっかりフットサルにハマっています。現在は週一回ペースでコートを借りて練習する他、自宅で独自のトレーニングを行い体作りやテクニックの向上に励んでいます。なかでも力を入れているのが体幹トレーニングです。自宅の天井から吊り輪を4本垂らして両手両足を掛けた状態で腕立て伏せをするというトレーニングを毎日行っています。様々なスポーツにおいて、体幹は非常に重要です。体幹とは体の中の両手足を除いた部分のことを指します。例えばツライ体勢の時など、地面に設置している部分の筋肉が重要と思われるかもしれませんが、実は腹筋や背筋、胸筋などもかなり使われており、この部分が強くなることでバランスが良くなったりといったフィジカルの強さが実現します。柯 康仙はそのことをよく理解しており、上述したような独自のトレーニングでフットサル向きの身体に仕上げようと励んでいるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、残業代不払いや医療過誤、仮想通貨取引詐欺など、人々の善意に付け込んだ悪質な事件が横行しています…
  2. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  3. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
ページ上部へ戻る