矢口敏和のチャレンジは終わらない

最近ではボルダリングにハマっているという矢口敏和ですが、学生時代には乗馬を楽しんでいたようです。ボルダリングにハマりつつあるのは、頭と体を両方使えるから良いリフレッシュになるというからだそうです。何も考えないと体力勝負になってしまう一方、頭を使うばかりでは普段も頭を使っているのでストレスが溜まってしまいかねません。ですが、ボルダリングの場合両方をそれなりに使いますので、丁度良いバランスで楽しめるようです。

頭脳を使いつつ体力も使いますので、仕事のリフレッシュにぴったりとの事ですが、矢口敏和は初心者ではなく、既に上級者用のボルダリングを楽しんでいるというのですから驚きです。頭の回転が速いからなのでしょう。ボルダリングは体力も必要ですが、体力だけではどうする事も出来ません。一方、頭脳も必要ではありますが、頭脳だけでは登り切る事は出来ません。

どちらも適度に必要になるからこそ、大人がハマりやすいとも言われているのですが、それが仕事に相通ずる部分があると言います。というのも、ボルダリングは予測しつつ登らなければならないのですが、触った事がない物だと、どのような形なのか分かりません。推理も必要になれば、ゴールまでの道筋をどのようにイメージするのかも求められます。

時には慣れた事だけではなく、自分自身でいろいろな事を思い描き、仕事に取り組まなければなりません。ボルダリングと似ているからこそ、休みの日にボルダリングを楽しむと仕事でも頭の回転が良くなり、良い成果をもたらしてくれるというのです。矢口敏和はアクティブなので、ボルダリングさえも仕事に結びつけて考える事が出来るのでしょう。

しかも、ボルダリングだけでは飽き足らず、いずれはロッククライミングもおこなってみたいとの事です。ボルダリングよりもハイレベルなロッククライミングにチャレンジしたいのは、もっともっと上を目指したいという向上心の表れなのかもしれません。矢口敏和は向上心も強いので、常に同じ事で満足するのではなく、向上心を持って前向きに取り組みたいのでしょう。これは仕事も同様のようです。常に向上心を持っているからこそ、原因と対策はもちろんですが、仕事に対して真摯です。希望的観測や感覚でこなすのではなく、なぜそのような結果になったのか。自分自身の中で納得してから次に進める性分のようなので、成果も良いとの事です。まさに公私に亘って充実した生活を送っている矢口敏和は、多くの男性の憧れなのです。

たゆまない努力の人、矢口敏和

ボルダリングは、自分の体と、滑り止めのチョークのみという本当に必要最低限の道具のみを使ってのぼるフリークライミングの一種です。そこから派生して、ジムに設置された人工的な凹凸や岩を登る競技です。自分の体さえあればすぐに始められるという手軽なところが、矢口敏和の考え方とマッチしており、長く続いているようです。

矢口敏和は、若いころから趣味を多く持っている人でしたが、その反面仕事にも非常に打ち込んでおり、だんだんと趣味にかけられる時間が減ってきたようです。そのため、乗馬のような趣味も持っていましたが、乗馬クラブに行き、準備や道具もいろいろと用意しなければならないことに少しわずらわしさを感じてしまい、辞めてしまいました。

その点、ボルダリングは、道具という道具も必要なく、ボルダリングができるジムも、結構数多くあるということで、時と場所を選ばずにできるのが気に入っているようです。また、ボルダリングは、同じ登り道でも、限られた足場だけを使うことで、難易度を上げるという方法があります。この登り方をしたら、何級に合格できるといった具合にグレードが変わってきます。このグレードを上げるためには、体を鍛えて、技術を上げることはもちろん、時間効率がよく、正確かつ迅速に登り方のコースを決める判断力が必要になってきます。

肉体には疲労すると乳酸がたまってくるものであり、それを防ぐことはできません。そのため、いかにして素早く登るかが、実はボルダリングの最大のポイントなのです。その点も、矢口敏和にとって、ボルダリングを気に入ったところでした。先述のとおり、矢口敏和は仕事に打ち込むタイプであり、思考力や、判断力を鍛えることも、大切な仕事へのトレーニングであると考えていました。そのために、スポーツをやる際も、ルールのある競技を好んでいました。

そして、体力も判断力も鍛えられた暁には、インドア競技のボルダリングから、晴れてアウトドアのロッククライミングへと挑戦したいと考えています。ただし、ロッククライミングについては、趣味としてというよりも、どこか成果発表のような、目標としてとらえているようです。ボルダリングにはグレードがあり、そのなかには、外に出てクライミングをしても差し支えないくらいのレベルのものがあります。それくらいにまで上り詰めたら、山に出て、ロッククライミングをしてみたいと考えているようです。あくなき探究心と、向上心を持った矢口敏和に今後も注目していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  2. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る