金塚秀仁と無農薬栽培の苦しさ

金塚秀仁は、自分の枠を広げるため、無農薬の栽培に取り組んでいます。彼が農業に出会ったのは、高校時代でした。金塚秀仁の知り合いが農家であり、彼もその手伝いをしていました。高校卒業後、東京の会社に勤めたあと、地元熊本で仕事をしたいと思い、知り合いの土地を貸してもらって、農業を始めました。少なくとも、彼の実力は一流です。若いころから農業を始めた人に負けないよう、精一杯工夫をされているそうです。金塚秀仁は必ず日誌を書かれます。日々の記録を見直すことで、同じ失敗を防げるそうです。

熊本の気候は温暖で、多くの作物が栽培できます。トマトなど、湿潤な土地で栽培できる作物も多く、夏場は特に忙しいそうです。しっかりと苗を見て育てることが大切で、枯れそうになった時は、育てる場所を変えるそうです。金塚秀仁が熊本を選んだ理由は、両親の土地があるからです。この土地の一角で、彼は無農薬栽培に取り組んでいます。収入を確保する為、農薬散布された野菜も販売していますが、彼の本心は無農薬栽培の成功です。ノウハウ作成のため、彼は常に努力をしています。

野菜は、栄養価が高く、みずみずしい食べ物です。この食べ物は、パスタなどの加工品に使えるほか、生のまま食べることもできます。あなたがパスタ好きなら、金塚秀仁の無農薬栽培はいかがでしょうか。トマトのみずみずしさは、パスタの味を引き立てるでしょう。野菜はそれぞれに特色があり、高い栄養価を誇ります。この事が意味することは、野菜を食べることで健康を維持できるということです。健康のため、多くの野菜が食されています。彼は無農薬栽培の野菜を育てることで、人々の健康維持のサポートをされています。

無農薬だからといって、妥協が許されることはないそうです。お客様の口に入る以上、品質検査は厳密に行います。サンプリングの結果が芳しくない場合は、販売を取りやめるそうです。農業の難しさの一面が表れています。無農薬栽培は、貴重な資源を浪費する行為でもあります。彼は、無駄な資源を浪費しないよう、気をつけています。無農薬栽培は、江戸時代までは実用化されていましたが、平成の昨今では、ほぼ廃れてしまった農法です。彼は、その復活をもくろんでいます。

無農薬の世界は、常人の想像を絶する苦労があります。彼にとっての無農薬の世界は、「自分の知らない世界」に飛びこむようなものだそうです。彼は「知らない事」を知るために作業をされています。この繰り返しこそ、彼が無農薬栽培を楽しむ理由だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、残業代不払いや医療過誤、仮想通貨取引詐欺など、人々の善意に付け込んだ悪質な事件が横行しています…
  2. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  3. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
ページ上部へ戻る