足立康史の来歴と維新の党での政治理念とは

足立康史氏は1965年10月14日に大阪府泉大津市に生まれ、茨木市にて両親のもと3兄弟の末っ子として育ちました。学生時代は勉学に励む一方、水球部で活躍し高校時代にはインターハイや国体に出場、京都大学工学部へ進学してからは、その人望から水球チームのキャプテンを務めるなど少年時代から青年時代にかけて数多くの経験を積みました。

1990年に京都大学大学院工学研究科を卒業し、同年通商産業省に入省。1998年にはアメリカ合衆国コロンビア大学国際関係公共政策大学院にて修士課程を修了しています。帰国後の2011年に経済産業省を退官後、同年にみんなの党へ入党。2012年の第46回衆議院議員総選挙にて日本維新の会からの出馬を表明します。この時、足立康史氏は大阪6区にて選挙を戦い、自由民主党の原田憲治氏や民主党の大谷信盛氏などのライバルたちを抑えて初当選を果たしました。2年後の分党に合わせて新党結成を掲げていた前大阪市長である橋下徹氏に賛同し、結の党合流後の結党に参加、同年の第47回衆議院議員総選挙にて比例近畿ブロックにて再選を果たしました。

足立康史氏は、理想とする国家ビジョンとして地域分権型国家を掲げ、中央集権型の国家は経済大国である日本には世界的な観点から適合しえない時代であることを持論としています。これは、日本維新の会での大阪都構想に直結する考えであり、足立康史氏は統治国家の見直しや経済の活性化、経済成長、社会保障などの改革によって地域社会の活性化を図り、理想とする地域分権型国家の構築の第一歩とすべく大阪都構想をアピールしアクションを起こしました。中央と地方に置ける根本を見直すことで、国民が自分達のことを自分で選べる世界への道を促し、中央に頼らない民主主義国家の実現を目指しました。また、足立康史氏は例えば関西広域連合の活動を地域分権型国家を目指すとして評価をする一方で、これを地域分権運動として完結させずに、地域分権を目指す一大政治勢力として結集する必要性を訴えています。足立康史氏は具体的な改革案として掲げる幾つかのファクターの一つに地域経済の活性化を挙げており、地域での事業活動を根底から支えることを重視し、これは国民生活のみならず国家の経済成長へ繋がる改革としています。デフレの解消が不可欠とした上で、人口減少や高齢化を社会問題としてとらえるのではなくイノベーションの素とした前向きな政策を行うことが重要としています。また、地域分権改革をベースに税制や労働法制など経済活性化に関する諸規制の改善により、関西・大阪の発展に努めています。

足立康史
http://oneosaka.jp/member/detail/adachi_yasushi.html  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. ハウスクリーニング 高崎なら、おそうじ革命 高崎店へご依頼ください。高品質なクリーニング技術を低価格…
  2. 会計や税務に関してお悩みはありませんか。熱海 税理士を探している方にぴったりな税務会計事務所がありま…
  3. 秀光ビルドは価格の見える化を実現しています。住まいを建てたいときにはどのくらいの費用がかかるのか気に…
ページ上部へ戻る